このページの先頭へ

これなら安心?ホワイトリスト通貨って

これなら安心?ホワイトリスト通貨って

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仮想通貨ってまだ怪しい感じがするんですけど


 

そうだね、まぁ新しいものは常に安定はしていないしね。
しかも今の価格は投機的な資金が入ってきているのでさらに安定してないよね


 

投機ですか。。
なんか危ないなー


 

価格が落ち着くまでは上昇傾向だから基本的にはいいとおもうけどね。


 

詐欺的な仮想通貨ってあるんですか。


 

今世界では1000を超える仮想通貨ができているらしいから、少なからずあるだろうね。
なので一応、金融庁が、この取引所なら、保証はしないけど「とりあえずは大丈夫かな」というリストを出してて、その中で記載されている仮想通貨ならとりあえず、詐欺ではないでしょうね。


 

1.ホワイトリスト通貨とは

 

ホワイトリストなどと言うものは、基本的に存在はしておらず、金融庁も発表はしてません。

 

金融庁は唯一「仮想通貨交換業者登録一覧」を発表しており、その中の取引所が取り扱う仮想通貨を、一般的に「ホワイトリスト通貨」とよんでいます。

 

仮想通貨交換業者登録一覧-金融庁

 

金融庁はこのリストは資金決済法上の定義に基づいたことを確認したにすぎないものを発表しており、推奨しているわけではないです。

 

2.いわゆるホワイトリスト通貨の種類

 

現在、「仮想通貨交換業者登録一覧」に記載されている仮想通貨

 

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XEM(ネム)
  • MONA(モナコイン)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • Zen(ゼン)
  • CMS(コムサ)
  • QASH(キャッシュ)

となってます。

 

 

ここから外れているのは匿名通貨と呼ばれ秘匿性が高い仮想通貨で

  • モネロ(Monero)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZCash)

など犯罪やマネーロンダリングに使われる可能性の高いものはなかなか認められづらいようです。

 

3.本当の安全なの

ホワイトリスト通貨だから安全などということはありませんし、記載がないから完全にアウトだということは全くありません。

 

このいわゆるホワイトリスト通貨は「金融庁が現在、資金決済法に基づいている仮想通貨であることを確認しただけだからです。

 

ですので、記載がなくても、良い通貨もあるということです。

 

4.まとめ

 

ホワイトリスト通貨が安全かといわれれば、記載されている通貨はより良いでしょうとしかいえません。

 

ただ業者に関しては金融庁に登録されている業者ですので、金融庁は推奨はしてませんが、ある一定の基準は満たしています。

 

ですので今、仮想通貨を買うならこのリストに乗った、業者で仮想通貨を買うのが一番問題が少ないでしょうね。

 

(※コインチェックは匿名通貨を扱っているので登録がまだのようです。)

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ