このページの先頭へ

次世代の取引所、DEX?分散型取引所とは

次世代の取引所、DEX?分散型取引所とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

分散型取引所は、次世代の取引所といわれています。

 

コインチェックなどの取引所と違い、企業が運営しているのではなく、個人での直接のやりとりによって成り立っている取引所です。

 

個人で直接の取引と聞くと安全なのか非常に心配になります

 

この分散型取引所とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

分散型取引所はDEXとも言い、これはDecentralized Exchangeの略です。

 

これはブロックチェーンで売買板(オーダーブック)の分散化し、取引処理をスマートコントラクトで行い、仮想通貨をユーザー個人が管理できるようにしている取引所(取引システム)です。

 

従来の取引所はコインチェックビットフライヤーのように取引所を企業が運営しています。

 

これに対し分散型取引所(DEX)はP2Pで個人が直接、スマートコントラクトを備えたイーサリアムなどをプラットフォームにしてプログラムを作りブロックチェーンを利用して売買取引できるようにしているものです。

 

これで個人のウォレットとウォレットで直接、取引できることになるのです。

 

 

 

スマートコントラクトを使い自動で契約が成立するプログラムですので、通常の取引所と違い管理者がいません

 

ですので従来の取引所と比較してのメリット、デメリットがあります

 

メリット

  • ハッキングのリスクがない。
  • 個人情報を取引所に提示しなくてよい。
  • サーバー障害、サーバーダウンなどが起きない

 

デメリット

  • まだ利用者が少ないため出来高が少ない
  • 手数料が高め
  • 処理速度(ブロックの生成)に時間がかかる
  • 個人での管理のため、パスワードをなくすと2度と仮想通貨を引き出すことができない。
  • サポートは一切ありません。

 

 

など

 

 

 

分散型取引所(DEX)はまだ、ユーザーにとって使いやすいとは言えない状況だとおもいます。

 

また、分散型取引所(DEX)は管理者がいない為、CMや広告など一切ないため、知名度がありませんしサポートがないことが一番心配なところです。

 

仮想通貨取引に慣れるまでは、既存のコインチェックビットフライヤーなどの取引所がよいでしょう。

 

しかし、分散型取引所はハッキングに対して安全性が高く、個人情報の提出も必要のないことは大きな特徴です。

 

ユーザビリティと知名度、利用者が増え流動性が高く、手数料が安価になれば将来性は非常に高いと思います。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ