このページの先頭へ

リップル、ビットコイン保管は財布に?仮想通貨のウォレットとは?

リップル、ビットコイン保管は財布に?仮想通貨のウォレットとは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

リップルを買ったら、「ウォレット」に保管した方がいいって聞いたんですけど本当ですか?
そもそも「ウォレット」ってなんですか?


 

そうだね。ウォレットに保管したほうがいいね。でもセキュリティーと機能などで数種類あるよ。
そしてウォレットはその名の通り、仮想通貨を入れる、財布と考えて結構。銀行口座のようなものだね。


 

そうなんですね。株なんかだと証券会社で預かってくれると思うんですけど、取引所では預かってくれないんですか


 

「コインチェック」など、ほとんどの取引所が預かってくれるし、ウォレットもある。

 

だけどウォレットについての安全性などは自分でよく検討した方がいいよ。


 

じゃあ、どうしたらいいんでしょう?


 

じゃあ今回は、リップルなど仮想通貨のウォレットについて勉強しよう。


 

仮想通貨のウォレットとは

 

仮想通貨の保管場所です。

 

  • 財布
  • 銀行口座

と同じです。

 

仮想通貨の場合、財布だと「ハードウェアウォレット」や「ペーパーウォレット」、銀行口座だと「取引所内にあるウォレット」といった感覚です。

 

ウォレット選択の重要性

 

リップルは取引所に保管している時点では、「リップルはIOU取引」ですので、取引所に預けているだけでは通貨ではなく
いわゆる借入証書 のようなものですので少々、懸念があるのは事実です。
リップルはご自身で保管できる「ウォレット」が必要となるでしょう。

 

ウォレットについては管理方法をよく検討し、紛失もしくは盗難、ハッキングの起きないようにしなければなりません。
実際にWEB上にあった初期のウォレットでは「ハッキングで仮想通貨がなくなった」なんてことも起きているようです。

 

時価総額が現在第4位の仮想通貨のリップルは注目されていますので
もし保管方法をミスしてしまうと盗難の可能性もあるということは肝に銘じたほうがよいかと思います。

 

そこでリップル保管と管理、また預けることのできるウォレットについて紹介させていただきます。

 

ウォレットの種類はまず2つ

 

ウォレットには大きく2つ

 

  • ホットウォレット(つながってる)
  • コールドウォレット(ネットにつながってない)

 

違いは、「インターネット上にあるかどうか?」です。
つまり、ネット上からの盗難、ハッキングの危険性があるか?ないか?なのです。

 

 

ホットウォレットの種類

 

  • 1.ウォレットサイトで保管(ウェブウォレット)
  • 2.パソコンで保管(ソフトウェアウォレット)
  • 3.スマホで保管(モバイルウォレット)

の3種類ですが
2と3のウォレットはパソコンかスマホかの違いだけで、機能的には同じようなものでしょう。

 

また、ウェブウォレットについては、コインチェックやGMOコインなどで購入すれば必然的に最初は取引所のウォレットに一旦保管されることになりますので、不安がなければそのままでも問題はないと思います。

 

専業のウォレット会社もありますが日本には少なく、海外でも日本語対応しているのは、ウォレット会社の最大手blockchainぐらいです。

 

ホットウォレットの比較

 

1.ウェブウォレット(オンラインウォレット)

ウォレット運営会社もしくは取引所のサーバーにあるセキュリテイーに守られたサイトのウォレットと考えてよいと思います

 

良い所

  1. 取引口座を開設すると口座と一緒についてくることが多い。
  2. インターネット上にあるため、どこからでもログインできる。

悪い所

  1. 信頼できる取引業者でないと預けてはならない
  2. インタネット環境がない場合、ログインできず使えない
  3. インターネット上にあるため、ハッキングの対象となる

 

初期のリップルのオンラインウォレットで一番有名なものは「GATEHUB」(ゲートハブ)です。

 

こちらはリップルの公式な委託先で以前はリップルの公式のripple tradeがウォレットのサービスを行っていたのです。

 

2016年にストップしそのタイミングで、代わりにリップルを保管する移管先ということで正式より紹介されたのが「GATEHUB」です。

 

そういう理由で、ほぼリップルのウォレットの中に於いては一番XRPの所持量の多いウォレットであろうと言えそうです。

 

「GATEHUB」(ゲートハブ)
ただしサイトは現在、日本語未対応ですので使いにくいです。

 

しかも、インターネット上ウォレットですので、インターネットに存在しているというところでセキュリティー面でリスクがどうしてもあります。

 

実際、「仮想通貨がなくなった」という話は初期のオンラインウォレットにはあったようですし。

 

私は現在コインチェックとビットバンクのウォレットをリップルを購入後、そのまま提供されているウォレットを使用しています。

 

安全性を考えるとどうしても、ハードウェアウォレットがよいと言えますのでわたしはこちらを現在使用しています。
Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

参考記事⇒ハッキング盗難対策!レジャーナノSは安全な仮想通貨ウォレットか?

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

2と3.パソコン(スマホ)の中のウォレット(ソフトウェア、モバイルウォレット)

 

パソコンやスマホに、アプリなどソフトウェアをダウンロード、インストールして使用するものです。

 

良い所

  1. インターネットに接続せず、独立して使うことができる為、セキュリティーが強い。
  2. インターネット環境が無くても使える。
  3. オフラインにしてしまえばセキュリティーはコールドウォレットに劣らない。

悪い所

  1. パソコン、スマホ等が壊れたら仮想通貨が引き出せなかったり、消えてしまう可能性がある。
  2. アプリ、ソフトをダウンロード、インストールしたパソコン(もしくはスマホ)でしか使用不可
  3. スマホやノートPCの場合、紛失、盗難の可能性がある

 

 

コールドウォレットの種類

 

  • ペーパーウォレット
  • ハードウェアウォレット

があります。

 

ペーパーウォレットは秘密キーやQRコードなどを紙などに印刷したもので保管するものです。

 

この紙(ペーパー)ですが別に紙でなく金属、プラスチックなど印刷する対象物に決まりなどはありません

 

当然、紙よりも長期保存にはプラスチックや金属が向いていますし耐久性、耐水性もあるでしょうから安心ですね。

 

ハードウェアウォレットは専用のウォレット専用機械端末のことです。アマゾンなどで販売してますので一度チェックしてみてはどうでしょう。

 

ブレインウォレットなんてのもありますが、これは秘密キーを暗記しておくというものですが、私みたいな一般人には無理ですので、100%おすすめできませんね(笑)

 

コールドウォレットの比較

 

共通した、良い所、悪い所は

 

良い所

  1. インターネットに接続せず、独立して使うことができる為、セキュリティーが強い。
  2. インターネット環境が無くても使える。

 

悪い所

  1. 壊れたり、破れたり、汚れたりすると、仮想通貨が引き出せなかったり、消えてしまう可能性がある。
  2. 紛失、盗難の可能性がある

 

などですね。

 

専用のハードウェアウォレットについては特別な機能がついていたりします。
それは、厳重なセキュリティー機能やバックアップ復元機能がついたものがあることです。

 

 

今のところ、リップルを保管できるハードウェアウォレットになると

 


Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

が考えられます。
元々はビットコインのハードウェアウォレットだったようです。

 

フランスのLedger社のUSB型トークンウォレットです。最近は、リップル、イーサリアムやDASH、ZCASHなどの他の仮想通貨にも対応し、1台で複数の仮想通貨が保管できるようになったようです。

 

参考記事⇒ハッキング盗難対策!レジャーナノSは安全な仮想通貨ウォレットか?

 

まとめ

 

まず何にしろパスワードが簡単なものだと問題がありますので、パスワード自動生成サイトで複雑なものを作っておいた方がよいでしょう。

 

LUFTTOOLS パスワード生成サイト

 

ウォレットについては、保有額が高額でなければ保管にはコインチェックなどの取引所のウォレットでも問題ないかと思いますが、高額ですとハードウェアウォレットに保管して金庫に入れておくのがベストではないかと思いますので検討されてはいかがかなと思います。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

リップルを国内で購入の取引所は
bitbank
まず手数料の安いこの口座開設をおすすめします。


その他のリップルが購入と分散保管に適してるのはできるのは
DMM Bitcoin
GMOコイン

です。

その他人気の取引所は
ビットフライヤービットコイン取引量は日本一です。
zaif(ザイフ)取り扱い仮想通貨16種、手数料が安い
などです。
ビットトレード
【注】仮想通貨は絶対に取引所は複数登録して資産を分散しましょう。資産を失うリスクがありますので。


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ