このページの先頭へ

リップルネットとは?その3つの柱、xCurrent、xVia、xRapid

リップルネットとは?その3つの柱、xCurrent、xVia、xRapid

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

リップルは、XRPを使用して世界の送金システムを革命的に速く、安く、安全におこなう目的で活動しています。

 

具体的にはゲートウェイからゲートウェイに送金を行います。

 

リップルネットはそのゲートウェイからゲートウェイへのXRPの送金をおこなうためのネットワークです。

 

リップルのその送金システムを使用するためにはリップルネットにアクセスしなければなりません。

 

リップルはリップルネットに接続するための、銀行などの金融機関に法人向けシステムを提供しておりその中で3本柱ともいえるものが

 

  • xCurrent
  • xRapid
  • xVia

といわれるものです。

 

 

金融機関のシステムとリップルネットをつなぐためのもの。

 

銀行などの金融機関はXカレント(xCurrent)を使用してをリップルネットに接続します。

 

 

Viaは英語で「〜を経て、経由して」という意味です。

 

リップルネットの外からリップルネットを利用したい事業者が接続するためにxヴィア(xVia)を使います。

 

 

 

Rapidとは英語で「素速い」の意味です。

 

xRapid(xラピッド)はXRPの流動性を高めるためのシステムです。

 

発展途上国でXRPを大量保有しなくても流動性がよくなるように開発されています。

 

xラピッドの仕組みは

 

1.送付元の金融機関の法定通貨をXRPに交換する。

 

そうすることで送付元(現地)の取引所が法定通貨をXRPに変換し金融機関がXRPを保有しないで済むようにする

 

2.XRPを送付する

 

 取引所と取引所の間でXRPを送付します。

 

3.XRPを受け取り、送付先の法定通貨に変換する。

 

送付先の法定通貨に変換され、銀行などの金融機関に入金される。

 

xラピッド(xRapid)のメリットは、金融機関がXRPを持たないことで大量の送金が必要な時でも、すぐにお金が動かせる、つまり流動性が非常に高くなります。

 

xラピッド(xRapid)にさらにXRPの価格が上がり、少ないXRPで大量の法定通貨を動かせればもっと流動性は高くなるので、システムとしてもXRPの価格は高くなった方がよいです。

 

また、その流動性に関連してXRPに関しては0.000001XRPが1drop(ドロップ)と一番小さい単位です。

 

最貧国の最低単位が1ドロップより大きければリップルの送金システムはより流動性が高くなるわけです

 

それでは最貧国と言われる国の通貨で考えればどのくらいになれば最大に利便性があがるのかを考えてみましょう。

 

 

最貧国で考えると

  • ネパールルピーは1.1058円

    最小単位はその100分の1で
    1パイサは0.011058円

  • ザンビア クワチャ 11.6383円

    最小単位はその100分の1で
    1ングェーで0.116383円

  • ソマリア シリングは0.19667円

    最小単位はその100分の1で
    1セントで0.0019667円

 

なのリップルの1ドロップがソマリアの1セントと同価格だとすると
1XRPは約2000円です。

 

ちなみにザンビアクワチャだと11万6千円

 

日本円だと1XRPは100万円です。

 

 

特にxRapid(xラピッド)はXRPの流動性を高め、発展途上国での送金を円滑におこなえるようにするという意味でかなり注目のシステムです。

 

また発展途上国、最貧国と言われる国の送金まで可能な仕組みと手数料ですから普及しないわけがありません。

 

XRPも価格が高いほうが流動性があがるので、2000円、もし1万円を超えたらすごいですよね。いまはまだ100円やっと超えたところですけどね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ