Xpring (スプリング)とコイル(coil)とは、リップル社が立ち上げた新規事業

Xpring (スプリング)とコイル(coil)とは、リップル社が立ち上げた新規事業

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

2018年5月14日、リップル社はXpring (スプリング)というサポート事業を発表しました。

 

XpringのスペルはXpringですが、読み方は スプリング(Spring)です。

 

この新しい事業は、リップル社を新たに大きく前進させるために、XRPとXRPレジャーを使用する以下の

  • 起業家
  • 企業のプロジェクトへの投資
  • 設立して間がない新企業

にリップル社が

  • 経営技術
  • 金銭
  • 人材

などを提供し、育成をサポートします。

 

そしてサポート対象には送金だけでなく、まだ未知の利用方法を開拓していくようです。

 

そしてXRPでエコシステム(経済的な生態系)を作っていくということです。

 

 

すでにサポートを現在提供している起業家、企業は

  • ステファン・トーマスStefan Thomas(TxtBearの共同設立者BitcoinJSの創始者)⇒コイル(coil)
  • Scooter Braun(SB Projectsの創業者)
  • トーマス・マクレド(Thomas McLeod・オムニの共同設立者兼CEO)
  • BartとBrad Stephens(Blockchain Capitalの共同設立者)

 

この中でもコイル(coil)はステファン・トーマスはリップルのCTO(最高技術責任者)です。

 

 

コイルはリップルの技術の最高責任者(CTO)のステファン・トーマスがトップとなって立ち上げた事業です。

 

コイルはウェブの新しいビジネスモデルを構築するということですが、現在インターネットには問題がありそれは広告だと考えているようです。

 

イーサン、ザッカーマンが「インターネットの原罪」と呼んだのは

 

インタネット自体にマネタイズ(収益化)の方法が組み込まれていなかったことで、現在は

 

インターネットのウエブでは広告、ペイウォール(コンテンツ販売)、データの販売しか利益が得られないこと

 

ウェブ上にはたくさんの広告とパスワードでロックされた有料の壁(ペイウォール)があり利便性が悪くなっています。

 

そして、コイルでは低コスト、ハイスピードが可能なXRPとインターレジャーで利便性のある低価格での定額購読モデルを変えて

 

第三者のプラットフォームに頼らず、ごく少額でもマネタイズできる新しい方式を作っていこうとしているということなんです。

 

あわせて読みたい


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ