このページの先頭へ

ハッキング盗難対策!レジャーナノSは安全な仮想通貨ウォレットか?

ハッキング盗難対策!レジャーナノSは安全な仮想通貨ウォレットか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

ウォレットには取引所のウォレット、ウォレットサイト、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットなど利便性に応じて選ぶことができます

 

一番簡単なのは口座をつくり、そのまま取引所ウォレットに保管しておく方法ですが、ハッキングの話はよく聞きます。

 

日本の取引所ではない海外のマイナー取引所Liquiですが

 

また、マウントゴックスやリップルトレードジャパンのように取引所が破綻、詐欺も以前はありました。

 

ですので、一番安心で堅牢なセキュリティと言われているのはハードウェアウォレット、その中でもおすすめはLedger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット です。

 

それではこのハードウェアウォレット レジャーナノSはどのような、また安全?壊れたら?などの疑問にお答えします。

 

 

レジャーナノはフランスのレジャー社が発売しているUSB型の仮想通貨やトークンのハードウェアウォレットです。

 

9g前後とても軽くできています。

 

現在、日本語対応していない為、少し使いにくいかもしれません。

 

 

仏レジャー社CEOのエリック・ラルシェベック氏が、レジャーナノSの仮想通貨のセキュリティー対策を語っています。
レジャーは侵入不可能なビットコイン・ウォレット:仏レジャー社CEO-ブルームバーグTV

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

対応通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコイン・ゴールド
  • ダッシュ
  • ドージコイン
  • イーサリアム・クラシック
  • ライトコイン
  • ステラールーメン
  • ステルスコイン
  • Zcash
  • ストラテティス(STRATIS)
  • ピヴクス(PIVX)
  • POSW
  • エクスペンス(EXPANSE)
  • コモド(KOMODO)
  • UBIQ
  • VIAコイン
  • VERTコイン
  • SRK

 

などですが、順次、対応通貨は増えるでしょう

 

他にはGmailやドロップボックスなどの二段階認証のデバイスとしても利用できます。

 

 

 

利用するにはパソコンとレジャーナノを接続して、パソコン上のソフトを操作しなければ行けません、少し心配ですね。

 

しかしパソコンに入力される内容がウィルスソフトやマルウェア、やキーロガーで読まれて、もし盗まれても大丈夫な設計です。

 

パソコンとレジャーナノ、それぞれのいつもの自分のデバイスで認証作業を行わないと、送金することができないからです。
ですので
1.パスキー
2.パソコン
3.レジャーナノS

が揃わなければ送金できないので、遠隔地からのハッキングでは仮想通貨を盗難することは不可能です。

 

しかし、「強盗が来て、レジャーナノとパソコンの前で包丁で脅されて自分で送金する」とういう犯罪は可能ですが確率は低いですよね。

 

 

 

結論から言うと壊れても、新しいレジャーナノSで復元できます

 

最初の設定時に手書きで保存した24の英単語を新しいレジャーナノに入力すれば復元できます。

 

また、もし壊れたときも、オーナー登録をキッチリできますし、サポートも万全ですので公式サイト以外での購入はおすすめできません。

 

公式サイトはこちら⇒仏Ledger社 レジャーナノS正規販売代理店

 

 

私は仮想通貨をレジャーナノSに入れて小型の耐火金庫に入れて家に保管してます。

 

お金に余裕がある方は、レジャーナノSに入れて、銀行の貸金庫に入れておくというのがベストでしょう。

 

家で保管しておくリスクは、火事と強盗ですが圧倒的確率でハッキングが多いでしょうから、ハードウェアウォレットは安全ですのでやはりおすすめします。

 

また、公式サイト以外での購入はおすすめできません。一度公式サイト以外のところに渡ったウォレットにはどんな危険が潜んでいるかわかりませんので。

 

公式サイトはこちら⇒仏Ledger社 レジャーナノS正規販売代理店

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ