このページの先頭へ

フィンテックの注目の技術、ブロックチェーンとは?

フィンテックの注目の技術、ブロックチェーンとは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

フィンテックと言えばブロックチェーンと言うほど切り離せない関係です

 

仮想通貨はブロックチェーンがなければ語れないぐらい重要な技術となっています。

 

あの「超整理法」などの著書で有名な野口悠紀雄氏はブロックチェーン技術はインターネット登場以来の衝撃と言っています。

 

ただしブロックチェーンを使用していないリップルのXRPのような仮想通貨もあります。

 

そんなブロックチェーンですが、いったいどうゆうものなのでしょうか。

 

 

仮想通貨のブロックチェーンを一言でいうと「過去の取引データ」です。

 

ブロックチェーンは日本語で分散型台帳技術といいます。

 

コインが発行されてから、今までの台帳(取引データをデータベースにしたもの)をブロックとしてまとめて

 

その個々のブロックは分散(バラバラに分かれて)された形だがそれを鎖(チェーン)で連結させたものです。

 

 

  • 書き換えたりできず、2重取引にもならない。
  • ブロックチェーンは第三者がその内容を見ることができる
  • お互いに監視しあうことで正しい取引データであることを確認する。
  • P2Pのネットワークで構成されている。

などです。

 

P2P(Peer to Peer)はサーバーを持たず(親になる大きなパソコン)個々のパソコン同士をそれぞれ、直接つないでいるような状態です。

 

中央で管理するようなサーバーはなくマイナー(採掘者)の各パソコンがお互いに対等に通信しあっており、パソコンのパワーを寄せ集めてデータベースを保管している。

 

もしも誰かの1つのPCが壊れても問題なくブロックチェーンは続いていくことができます。

 

 

 

10分間で発生した取引をデータをブロックにまとめます。。
※ブロック=取引データのかたまり

 

マイナーが一斉に取引データが正しいか検証し多数決で正しいものだけがブロックに記入され、その後も書き換えられていないかチェックされ続けます。
※マイナー(採掘者)取引データを計算する人々

 

1つ前のブロックのハッシュを入れます()
※ハッシュ(短く要約したデータ)

 

つまり、新しく作るブロックに以前のデータを単純にして入れるデータの連携をさせることで改ざんを防止しているのです。

 

※ブロックの中のデータを変更すると、それ以前のデータとの整合性がなくなってしまう為に改ざんできません

 

51%攻撃

 

正しい取引データを多数決で決めるという方法には一つ問題があり、それは計算量の過半数の50%以上を支配してしまうと、データの改ざんが可能だとういうことです。

 

このことを51%攻撃といいますがこの攻撃を防ぐ方法はありません。ビットコインにおいてはマイナーの数が多く不可能でしょうが、マイナーの少ないブロックチェーンは可能かもしれません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

フィンテックの注目の技術のブロックチェーンは現在、仮想通貨だけでなく、価値をデータ化し可視化することで売買可能にすることができます。

 

人の価値を売買するVULUや、音楽の著作権、会社の価値をブロックチェーンでインターネット上に流通させている、なんていうことも実現してきています。

 

これからまだまだブロックチェーン技術が浸透してくれば、今では考えられないモノやサービスが出てくるでしょうね。

 

ブロックチェーンとは何か?・・とても分かりやすい説明をしてくれています。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ