このページの先頭へ

トークンって何?仮想通貨との違いは?

トークンって何?仮想通貨との違いは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仮想通貨に興味を持つようになると、トークンという言葉をよく目にしますよね。

 

通常取引所で仮想通貨を買うだけならトークンなんてことは知らなくてもOKです

 

基本的にはトークンと仮想通貨に本質的に大きな違いはありません

 

しかし、仮想通貨を投資として考え、大きく利益を出したいならトークンについて知っておくことに、越したことはありません。

 

ではトークンとはなんなのでしょうか。

 

 

 

トークンとはウィキペディアでは「硬貨の代わりに用いられる代用貨幣のこと」、商品券など金銭面だけのことでなく、どちらかと言うと株のような権利も付随するイメージのものでしょうか。

 

金融庁の資料では企業等が電子的に発行する証票のことです。

 

ブロックチェーンの技術を用いてにトークンを発行し、まるで株のような価値を持たせることで簡単に価値を販売、保管できるようになるのです。

 

ひとことでいうとデジタル権利証でしょうか。

 

しかも「価値を持ったものすべて」をトークンという1個のデータに出来るのでそうしたトークンの販売が株式とくらべ非常に安価にできることがメリットなのです。

 

トークンは「価値を持ったもの何でも」、仮想通貨は「金銭価値のみ」をデータにしたものですので、基本的にはトークンというもののカテゴリーの中に仮想通貨があると考えた方がわかりやすいかもしれません。

 

ですので仮想通貨と同じように売買ができますし、その価格も上下します。

 

仮想通貨はICO(新規仮想通貨公開)のときにはトークンセールを行うことがありますが、これは仮想通貨との引換券のようなもので現物の仮想通貨が完成するまでトークンを販売し資金を集めるのです。

 

 

トークンには2つあります

 

アセットタイプとカレンシータイプです。

 

アセットタイプ

 

ビットコインなど既存のブロックチェーン技術でつくり、株式のように「発行する人がおり、発行数などを発行者が決定」します。

 

前述した「価値を持ったもの何でも」このアセットタイプのトークンにすることができます。

 

つまり既存の仮想通貨のブロックチェーンでつくった株のようなものです。

 

2017年頃から話題のVALUは個人の価値をトークン化したものです。一般的にトークンと言えばこちらです。

 

※株式と似てはいますが株式のように経営(対象の価値のあるモノのありかた)に口は出せません。

 

 

カレンシータイプ

 

独自のブロックチェーン技術を使用しマイニング(採掘)、また発行枚数も決められているビットコインのような典型的な仮想通貨のはカレンシータイプのトークンです。

 

一般的に仮想通貨と言っているものです。

 

 

現在トークンを購入できるのはザイフですが、これからは、価値を簡単にトークン化し販売可能になってくるでしょう。

 

今、企業に上場に対する魅力がなくなってきているといいます、資金調達にはベンチャーキャピタル、エンジェル投資などでまかなえることが多くなり、上場することによる社会的責任、株主への責任、経営の自由度の低下等がより重くなることも理由です。

 

株のように上場に最低1年かかるということもなく、低コストでスピーディーに資金調達できる、また株と違って経営に口を出されないことは企業にとって大きなメリットです。

 

またVALUに代表されるように簡単に個人でも価値をトークン化して販売することができますのでこれからトークンは大きく注目を浴びるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

トークンはブロックチェーン技術を利用した一つの価値の流通化ですが、日本にある日本円の大部分が紙幣としてでなく、銀行の中にあるデータなわけですから、私には違和感はありません。

 

これから仮想通貨はもっと浸透し、モノの価値の大部分はデータ化していくことになるでしょうね。

 

仮想通貨取引所ではザイフがトークンを扱っています。

ザイフ

ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ