このページの先頭へ

だまされるな!仮想通貨の詐欺と対策

だまされるな!仮想通貨の詐欺と対策

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仮想通貨で一儲けしようとする悪い人たちがあとを絶ちません

 

新しいもの、世間の人が情報をあまり持っていない状況でだまして、お金をむしり取ろうとする、そんな犯罪、詐欺はゆるせませんよね。

 

そうゆう、多くの人が怒りを感じる犯罪、詐欺を、疑いのあるものもふくめて紹介します。

 

1.詐欺の種類

 

仮想通貨にかかわる詐欺犯罪には4つあります。

 

フィッシング

 

電子メールで現在自分が利用している、取引所の偽のサイトアドレスを送り付けてきたり、検索などででてきた取引所やウォレットの偽サイトに誘導しログインさせ、IDとパスワードなどアカウント情報を盗みとる詐欺の手法です。

 

IDとパスワードを盗まれると仮想通貨を他人のアドレスに送金され、もう戻ってくることはないでしょう

 

対策としては、Eメールや、検索でのサイトへのログインはせず、ブックマークを利用する、どうしてもメールや、検索でログインするときはサイトのアドレスを確認しましょう。

 

また、最低限のセキュリティーとして二段階認証がある取引所を使うほうがよいです。

 

以下のリンクからサイトに行った場合は、ID、パスワードなどアカウント情報の入力は避けた方が無難です。

 

  • 受信したEメール
  • ツイッターなどのSNS
  • 2chなどの掲示板に記載
  • 検索(特に検索上部にでる広告)

 

HIYP(ハイプ)

High Yield Investment Programの略です。高利回り投資案件のことですが、これは仮想通貨だけのことではありません。
ただビットコインなどで運用している場合もあり、お金集めにも仮想通貨のポテンシャルをアピールして利用している場合があります。

 

日利が1%と高利回り、そしてセミナー、また大規模なセミナーでは有名人を登壇させて安心感をもたせたり、そこでマルチレベルマーケティング(MLM)の手法で勧誘

 

そして集金しますが、お金をあつめて消えてしまう業者もいますので注意が必要です。

 

(※私はMLMはよいビジネス手法だと思いますが、人をだます詐欺を大規模に進めるには最高の手法なんだと思います、とても詐欺との親和性がたかいんです、困ったものです)

 

取引所

 

金融庁の登録制度ができ、2017年には15社が登録となっており、この業者でなら購入に問題はないと言えるでしょう。

 

金融庁のに登録されている取引所は?

 

しかし2017年以前は登録制度がなく、購入したが引き出せない、業者が破綻したなどの事例もあります。

 

詐欺ですよね。リップルトレードジャパン

 

海外でも大手のBithumbやPoloniex,Bitfinexなどは取引量も多いですし問題ないでしょうが、小さい取引所には不安がありますのでさけるのが賢明でしょう。

 

 

ICO

 

ICO(新規仮想通貨公開)は良い仮想通貨であればハイリターンが狙える投資です。

 

しかしICOでは以下のようなことも起きています。

  • 最初から詐欺目的で資金集めをして、上場してないもしくは、海外の簡単に上場できる取引所に上場しそのまま、ほったらかしにする。
  • 本当に仮想通貨を作り普及させようとがんばったが、様々な理由で挫折した。

 

他にもセミナーや知人から限定の仮想通貨の購入を持ち掛けられたなど多発していますので注意を。

 

2.詐欺目的であったと思われる事例

 

 

 

ディールコイン

 

韓国で開発、中東の産油国で原油の取引に使う目的で作られたコインだそうです。オイルコインと呼ぶこともあるとのこと。

 

上場もされてませんし、セミナー以外で販売され、こちらもマルチレベルマーケティングでの販売手法です。

 

ジュエルコイン

 

2015年頃の詐欺コインです。紹介でしかかえないこちらもMLMでしょう。

 

サイトには「資源を担保とした新しいスタイルの仮想通貨です。」との記載がありましたが、宝石(アクアマリン)を担保に価格を決めているとのことですがよくわかりませんが、金本位制ならぬ、宝石本位制でしょうか。

 

クローバーコイン

 

大々的にセミナーを開き、全額返金保証、儲かりますよと購入をすすていた。

 

あげくにマルチレベルマーケティング(MLM)の手法で紹介すればもっと不労所得が増えますよと持ち掛ける手口。

 

消費者庁が立ち入り検査を行ないました。

 

 

とにかく他にもたくさんありますのでご注意を!

 

3.だまされない為に

 

だまされないの注意点

  • よくホワイトペーパーを読みある程度は理解する
  • 信頼できるか(背景にある企業や人)
  • 怪しそうなものはやめておく
  • 実現性が高いのか
  • リスクがない、元本保証、限定などはありません。
  • 紹介制などで購入しない、大手の取引所で購入する。

を確認しておきましょう。

 

4.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

さまざまな手で私たちのお金がねらわれています

 

基本的にわからないものには手をださない、各方面からの情報を集めたり、あせって購入しないことが大切かと思います。

 

そして、ICOでの投資はリスクが高いですが、しかし、リスクが高いがその分ハイリターンという魅力があることも事実ですので、リスクを理解して検討するおく必要がありまね。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ