このページの先頭へ

ICOとは?かんたんにわかる仮想通貨の新規公開

ICOとは?かんたんにわかる仮想通貨の新規公開

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

現在、世界には1000を越える仮想通貨があり、今も新しい仮想通貨が生まれています。

 

その中に詐欺仮想通貨や詐欺でなくても、資金だけを集めて実際には、仮想通貨のプロジェクトが進展しなかったり、セキュリティーの甘さから資金が盗難にあったりというこも起こっています。

 

簡単にICOできる国もありますが日本は今、ルールがまだ定まっておらずどうするのか検討段階です。
ICO、育成か禁止か 日本は法整備も選択肢-日経電子版 2017/10/14
ICO沸騰、期待と危うさ 制度整わぬまま4000億円 -日経電子版2017/12/16

 

新しい仮想通貨を世に出すことをICOといいますが、一体ICOとはどうゆうものでしょうか。

 

1.ICOとは

 

ICOは「イニシャル・コイン・オファリング」の略新規仮想通貨公開と言う意味で、資金集めから仮想通貨の発行、販売までのプロセスのことです。

 

会社を証券取引所に上場し新規株式を公開することをIPO(イニシャル・パブリック・オファリング)といいますが、ICOはこのIPOの仮想通貨版です。

 

会社を上場するのと同じですので、仮想通貨のICOのことを上場と同じくいいます。

 

ただし、現在、会社の新規株式公開での上場のように幹事証券会社があったり、法整備が未熟なため、非常に危ういICOがあるのが現実です。

 

 

2.ICOの手順

 

ICOのプロセスは簡単にいうと

  1. ホワイトペーパーの作成(仮想通貨の発行の目的、特色、などの概要を記載した事業計画書)
  2. 資金調達(トークンの販売、仮想通貨の引換券など)
  3. 開発(プログラミング)
  4. 上場

という手順で行われていきます、資金調達の方法やトークンの種類などはさまざまです、また、実際には資金調達や開発などは同時進行でしょう。

 

 

3.ICOでの詐欺?

 

実際詐欺が目的でICOをする、もしくは上場するといいつつお金を集めるだけという悪徳サギ業者も多発しています。

 

サギだと認めてない事例もあります

 

  • ジュエルコイン
  • ディールコイン
  • ノアコイン
  • キートークン
  • クローバーコイン
  • ベネフィットクレジットコイン

など多数あります。

 

仮想通貨のトップが「多くのICOは詐欺である」と言っていますので注意が必要です。

 

『多くのICOは詐欺である。イーサリアムとリップルのトップが主張』-coindatabase

 

まとめ

 

いかがでししょうか。

 

とりあえず、ICOが理解できたでしょうか、ICOする仮想通貨のなかにも詐欺コインが実際に多数存在しますが、日本の大手の取引所で扱っている通貨は基本的に安全です。もし購入を検討されるならコインチェックなどの大手がよいと思いますよ。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ