このページの先頭へ

なぜ連動?ビットコインが下がるとアルトコインも下がる不思議

なぜ連動?ビットコインが下がるとアルトコインも下がる不思議

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

2018年1月17日、仮想通貨が大暴落しました。

 

この時に、不思議に思った方も多いと思いますが、仮想通貨全体が少数の草コインを除いて、ほぼ同じような動きで暴落したのです。

 

 

同じ位置で下降していて似たようなチャートとなっています。

 

なぜすべてコピーしたように連動した動きになってしまったのでしょうか。

 

 

 

アルトコインはビットコイン建てで取引されることが多いです。

 

取引所(交換所)は法定通貨(日本円、米ドル)を使われることがあまりありません。

 

欲しい仮想通貨を日本円で直接取引(交換)するのでなくビットコイン取引(ビットコインと交換)するほうが取引しやすいからです。

 

しかもビットコイン建てでしか取引できないアルトコインも多数あります。

 

理由は取引を分けると取引量が少なすぎることで流動性がなくなることと、草コインなどは価格が安いため、法定通貨では単位が大きすぎることです。

 

最近はビットコインの価格が上がりすぎて、ドージなどの低価格の仮想通貨でしか草コインは取引がむずかしい状況です。

 

 

これはバイナンス取引所ですが取引は ビットコイン建て、イーサリアム建て、バイナンスコイン建て、テザー(USDT)建てのみとなっています。

 

こちらは、クリプトピア取引所ですが、同じく、ビットコイン建て、テザー(USDT)建て他には、テザー(NZDT)建て、ライトコイン建て、ドージ建てです。

 

 

 

ビットコインが100万円(1BTC=100万円)のとき、イーサリアムが10万円とするとイーサリアムはビットコイン建てで0.1BTC(ビットコイン)です。(1ETH=0.1BTC)、またリップルのXRPが100円の時は0.0001BTCです。

 

価格 ビットコイン建て(BTC) 日本円では?
ビットコイン 1BTC 100万円
イーサリアム 0.1BTC 10万円
リップル 0.0001BTC 100円

 

 

ビットコインが90万円に下がると、イーサリアムはビットコイン建てでは同じ0.1BTCだったのが9万円に下がってしまいます。

 

価格 ビットコイン建て(BTC) 日本円では?
ビットコイン 1BTC 90万円
イーサリアム 0.1BTC 9万円
リップル 0.0001BTC 90円

 

これがビットコインが下がるとアルトコインも連動して下がる理由です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ビットコインが下がるとアルトコインが下がるということは、アルトコインの保有者からするとあまり好ましくない状況です。

 

ビットコインの性能に疑問を持っている人も少なくないので、ビットコイン基軸の取引を変えていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

ビットコインの価格連動から離脱した時には、そのアルトコインは本物の仮想通貨に近づくのではないか期待したいと思います。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ