POW、POS?ブロックチェーンの取引検証作業

POW、POS?ブロックチェーンの取引検証作業

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仮想通貨を少し調べるとPOW(プルーフオブワーク)という言葉がよく出てきます。

 

ビットコインなどは管理している特定企業や人がいない、非中央集権型の仮想通貨ですのでマイニング参加者が全員で合意することで、みんなの取引が正しいということを証明しなければなりません。

 

POWと言うのはブロックチェーンの取引検証方法の一つでビットコインが採用している方法です。

 

POW(プルーフ・オブ・ワーク)のプルーフとは証拠・証明などの意味です。

 

プルーフはその取引が正しい証拠はなんだ?と証明する方法の種類です。

 

プルーフ・オブ・ワークは取引検証の正しいという証拠は仕事量ということです。

 

そして正しいと証明されるとブロックに記載されチェーンになってつながっていきます。

 

その他にもPOW、POI、POCなどと数種類がありますが少し専門的なことですので投資としてトレードするだけでしたらそこまで深く知る必要がないかもしれませんが・・

 

知っておいたほうが良いPOWなどの取引検証作業とはどうゆうものなのでしょうか。

 

 

 

取引が正当なものかの複数の人による合意(コンセンサス)を取るための計算方法(アルゴリズム)のことでコンセンサスアルゴリズムともいいます。

 

取引の正当性をみんなで決める方法です。

 

いわゆるマイニング(採掘)と言うのは取引検証のことです。

 

マイナー(採掘者)の目的は基本的に取引検証を行った人がもらえる報酬なのです。

 

 

一番知られているのはビットコインのPOW(プルーフオブワーク)です。

 

そのほかのアルトコインはPOS(プルーフオブステーク)など他の方法を採用している場合が多いです

 

今回はPOW、POS、POI、POCを紹介します。

 

 

 

採用通貨はビットコインやライトコイン、モネロ、ジーキャッシュなど

 

POW(プルーフオブワーク)は計算を時間内に多く解いたものが承認されるというもので、またこの計算の事をマイニング(採掘)といい、報酬を受け取ることができます。

 

POWのマイニング方式はは計算を早く多く行うと報酬がもらえる為、膨大な計算量を行います

 

そのためにコンピューターの電気代が莫大になっており、ビットコインのマイニングに使用する電気量はアイルランオやクロアチアなど1国の電気使用量を超えているということです。

 

他のデメリットは51%攻撃というもので、計算量が51%以上になると不正が簡単にできてしまうため、1つのマイナー(採掘者)が大きな計算力をもってしまうとPOWが破綻してしまいます。

 

 

採用通貨はエイダコイン、Peercoin 、イーサリアム(採用予定)

 

ステーク(stake)とは直訳で掛け金、ステークホルダー(出資者・利害関係者)のステークです。

 

POS(プルーフオブステーク)はPOWが「計算を多く解いたものが承認する」のではなく「多く仮想通貨を保有(出資)しているものが承認する」というアルゴリズムです。

 

このPOSはPOWのデメリットである、マイニングに必要な多くの電力が少なくて済むのです。また51%攻撃の心配もありません。

 

 

採用通貨 ネム

 

NEM独自のコンセンサスアルゴリズムでNEMは、POWやPOSでおきるマイニングで富が集中することを防ぐ方式です。

 

POIはインポータンス(重要度)を考慮し、保有コイン数だけでなく、取引数の多さ、取引した人物も含めてその貢献度をコンセンサスアルゴリズム(取引検証方法)に取り入れています。

 

NEMの場合は取引検証をマイニング(採掘)とは言わずハーベスティング(収穫)といいます。

 

つまり、NEMに積極的に参加しているほどハーベスティング(収穫)の報酬が多いわけです。

 

 

 

採用通貨 リップル

 

POCはリップル社独自のコンセンサスアルゴリズムです。

 

リップルが採用しているのは分散型台帳です、ブロックチェーンも分散型台帳の1種類と言えるでしょう。

 

リップルのPOCは数秒で検証が完了するので非常に高速な取引が可能です。

 

またマイニングもないため膨大な電力も必要としません。

 

承認作業ができるのは選ばれた(バリデーター)Validatorと呼ばれる人たちで基本的に金融機関です。

 

 

信用できるバリデーター(金融機関)が承認し80%が合意(コンセンサス)すれば分散台帳に記録されます。

 

ですのでに高速な取引が可能なのです。

 

 

いかがでしたでしょうか

 

実は他にもビットコインのトークンにカウンターパーティーが採用しているPOB(プルーフ・オブ・バーン)やテザーが採用しているPOR(プルーフ・オブ・リザーブス)などもあります。

 

それぞれ、特徴がありますが、POWをベースに改善がされてきた経緯があります。

 

POW、POSは非中央集権、リップルのPOCは中央集権と言う人がいますが、現実は資金力があればPOW、POSは中央集権にできます

 

POIは取引量が必要になるため中央集権になりにくく、実はリップルのPOCが一番中央集権になりにくいのではないかと思っています。

 

現状はリップルが管理しているような状況ですが、その管理を各金融機関に渡していけば、安定して自動で運用ができる将来があると思います。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ