このページの先頭へ

スマートコントラクトとは

スマートコントラクト(smart contract)とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

直訳すると「賢い契約」と言う意味です。

 

このスマートコントラクトは1994年にニック・サボによって出版された「スマートコントラクト・デジタル自由市場のためのブロックの構築」Smart Contracts: Building Blocks for Digital Free Markets)で初めて提案されました。

 

通常の契約は信頼性を保証(担保)するために第三者を介したりしますが、第三者がいなくても信頼できる取引ができるようになるものです。

 

自動販売機はもっとも古いスマートコントラクトの一つと考えられています。

 

ブロックチェーンを利用することで自動販売機のように「お金を入れれば、商品が受け取れる」という商行為を自動に行うことができるというものです。

 

過去の取引情報(契約経緯、権利譲渡ほか)をブロックの中に保存し半永久的に参照できるようになります。

 

当然ブロックチェーン技術ですので改ざんや不正はできませんのでスマートな契約の履行が可能と言うわけなのです。

 

これを商品の販売や、商品の販売、さまざまな、例えば不動産の契約などに利用できるという技術なんです。

 

スマートコントラクトの技術を使用している仮想通貨はイーサリアムが有名ですが他にもリスクやレンドなど多数あります。

 

ブロックチェーンによる所有権管理がわかりやすかったので載せておきます。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ