このページの先頭へ

仮想通貨がこれからなぜ普及するのか?その理由

仮想通貨がこれからなぜ普及するのか?その理由

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仮想通貨は価格がついている今の理由は投機、投資対象で普及はしない

 

そうゆう風に言う人も経済人の中にもいらっしゃいます。

 

実際先のことはわかりませんが、私は普及すると思っています

 

それにはやはり理由があります。

 

仮想通貨はどうなるのでしょう、投資対象としてだけでなく、実際に使われるようになるのでしょうか

 

 

仮想通貨が普及する為にはいくつか条件があります
それは

 

ボラティリティ(価格変動)が大きくない

 

法定通貨(日本円)に対して価格が安定していないと、安心して使えないからです。

 

1万円分の仮想通貨をもっているつもりが、翌日には9千円、翌々日には1万1千円になったりしたら、安心して仮想通貨をもてないですよね。

 

これはまだ通貨の量と時価総額が小さいことが原因ではないでしょうか。

 

時価総額が小さいと、大きくレバレッジがかけれるFXや投機の大きな資金で売買をしてしまうと大きく動いてしまいます

 

ほかには仮想通貨の買われる材料、売られる材料が多い点だと思います。

 

 

法整備がされること。

 

日本はすでに2017年に仮想通貨法が成立しています。

 

これからも整備されていくことでしょう。

 

ただし中国は仮想通貨を禁止しています。

 

世界中で使えるというのが仮想通貨の一つのメリットですので禁止はしてほしくないですよね。

 

 

 

銀行間送金ではコストやスピードが現行システムと通貨とは比較にならないくらい優秀です

 

実際2018年には実用化されるでしょう

 

ただし使われるのはまず、リップル(XRP)です。

 

 

ビットコインは現状送金には問題がかなり大きくなっています。

 

 

 

 

現金大国日本に重いコスト ATM維持に年2兆円-日経電子版

 

現状、ATMの手数料は108円だとか時間外手数料が216円などで、預金でもらえる金額と比較すると非常に高いです。

 

ATM設置コスト(約300万円)がかかり、さらに銀行の利益が必要ですのでしかたのないことなのでしょう。

 

しかし仮想通貨での支払いがスマホなどで可能になれば、現金もいらなくなり、必然的にATMも少なくなります

 

そうするとATMの設置コストが見合わなくなり、さらに仮想通貨、電子マネーにシフトするでしょう。

 

 

お店は現金で販売するよりは電子マネーや、クレジットカードの方がメリットがあります

 

それはいくつかあります。

 

  • 現金小銭などのやりとりが面倒、手間がかかる。
  • 受け渡しミスが発生する可能性
  • 盗難の可能性(強盗・従業員によるもの)
  • レジ閉め(売上確認)が面倒
  • 現金の銀行への入金

 

ただし、クレジットカード支払いの場合、5%ほどの手数料をクレジットカード会社に支払っています。

 

手数料はクレジットカードで支払うお客に負担させない契約です。

 

ですので店舗の商品価格に上乗せしていますので、クレジットカードを使っていないお客もふくめてお客全員で負担しているようなものです。

 

これが仮想通貨になると、クレジットカード会社、電子マネー会社への支払いコストがなくなります。

 

店は商品価格を安くできますので、消費者と店舗のメリットは非常に大きいはずです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

仮想通貨に拒否反応を示す人もいます。

 

それはいままで経験、学んだこととは違うものが発生した時に起きる普通の反応です

 

だって今までの社会人としての経験をゼロにして仮想通貨がこれからどうなるのかを考えないとならないからです。

 

考えるというのは少し手間で面倒な作業です

 

ですので人間は今までのことが変わらないことを望む保守的な傾向がどうしてもあるんですよね。

 

しかし店舗と消費者には仮想通貨普及は大きなメリットです。

 

逆にクレジットカード会社やATMメーカーなどは抵抗勢力になるでしょう。

 

アメリカンエクスプレスはリップル社と提携しましたが、クレジット会社、金融機関は仮想通貨をどのように自社のビジネスモデルと結びつけて将来のビジョンをつくるのかが今問われていることでしょう。

 

あわせて読みたい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

仮想通貨の購入にオススメの取引所

ザイフ

リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

ビットフライヤー

こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOコイン

仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ