このページの先頭へ

草コインの種類も豊富!バイナンス取引所は安全かどうか?

草コインの種類も豊富!バイナンス取引所は安全かどうか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

現在国内はもちろん、国外にはたくさんの取引所があります。

 

国外で安心感のあるのは、知名度のあるBittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)やBitfinex(ビットフィネックス)でしょう。

 

そんな中で2017年にできたBinance(バイナンス)はと比較的新しい中国の香港にある仮想通貨取引所です

 

同9月に日本語に対応

 

日本で扱っていない仮想通貨を多数、あつかっており、いわゆる草コインといわれる、価格が上がるかわからないが、価格が安い(0.01円〜とか)ので上がれば億り人(億のお金を稼いだ人)になれる可能性も。

 

今日本の個人投資家に非常に人気となっており口座開設が相次いでいるそうです。

 

そんなBinance(バイナンス)は安全なのか、どのような取引所なのか調べてみました。

 

 

 

⇒仮想通貨取引所 バイナンス)

 

2017年7月にチャオ・チャンコン氏が設立、中国の大手取引所OKcoinの共同設立者でCTOだった経歴を持つ人物で、以前はブロックチェーン.インフォ社(Blockchain.info)で働いた経歴をもっています。

 

名前のバイナンスは造語でBinary Financeが由来であり、また、日本語に対応しており、取り扱い通貨も85種類以上、仮想通貨取扱量が世界4位に半年ほどで成長しています。

 

取引は、ビットコイン、イーサリアム、バイナンスコイン、米ドル建てとなっており、円での取引が現在できない為、少しわかりにくいのが現状です(2017年12月現在)

 

独自の仮想通貨Binanceコイン(BNB)を発行しており、BNBを使用すると取引手数料が大きく割引、また取り扱う仮想通貨は顧客の投票で決めるという顧客第一主義です。

 

すべてのハードフォーク通貨を付与するということで日本の取引所は付与予定のないとの公式見解のところもあるなか、魅力ある取引所です。

 

 

 

中国は2016年にはビットコインの売買の90%以上行われている国だった上、電気代金が安価であるためマイナー(採掘業者)も多く仮想通貨の先進国でした

 

2017年9月ICO(新規仮想通貨公開)を禁止その後に取引所の閉鎖命令があり、実際に閉鎖した取引所も多数あります

 

そんな中国にある取引所のバイナンスは、香港に本社があったため規制の対象外となり運営していますが中国国内のお客へのサービスはしていません。

 

いつ香港も規制が強化されるかわからない状況ですので現在、香港に現在拠点がありますが、ケイマン諸島に移転予定です。

 

またサーバー、取引所としての登録も中国国外で、韓国、シンガポールなどに展開予定で日本には事業申請しており、すでに東京に事務所を設置、取引所を開設する考えで、現在すでに、中国政府の影響は少ない状況であり、さらに模索しているという安心な取引所です。

 

 

 

バイナンスは取り扱う通貨をユーザーの投票制にしており、人気のあるコインの取り扱いを優先してます、ただし取り扱うにあたり当然調査して問題のない仮想通貨を扱うようにしてるそうです。

 

2017年現在88種類以上

  • ⇒取り扱い通貨
  •  

     

    バイナンスは日本語に対応しており、中国、香港の仮想通貨取引所でありながら今後中国の拠点をケイマン諸島、支店を各国に展開していく予定で、日本も2018年にはオープンする安心な仮想通貨取引所です。

     

    ハードフォークした通貨はすべて付与すると公表しており、取り扱い通貨も80種類以上、中にはまだ爆上げする(もしくは爆下げ?)する草コインもありますしこれからも新規で取り扱うでしょう。

     

    今のうちに開設して草コインを購入するのも夢がありますよね。
    興味があれば

    ⇒仮想通貨取引所 バイナンス)

     

     

     

     

     

     

     

    1. BTC
    2. ETH
    3. TRX
    4. ICX
    5. VEN
    6. IOTA
    7. LTC
    8. XRP
    9. ADA
    10. NEO
    11. BCC
    12. QTUM
    13. XVG
    14. POWR
    15. EOS
    16. BNB
    17. ETC
    18. CND
    19. GTO
    20. XLM
    21. HSR
    22. LEND
    23. ARN
    24. REQ
    25. OMG
    26. MANA
    27. LSK
    28. ZEC
    29. LINK
    30. WABI
    31. POE
    32. XMR
    33. STRAT
    34. SALT
    35. BTS
    36. GXS
    37. QSP
    38. MCO
    39. BQX
    40. RCN
    41. GAS
    42. STORJ
    43. KNC
    44. BAT
    45. BTG
    46. FUN
    47. RDN
    48. CMT
    49. WTC
    50. WAVES
    51. SNT
    52. AMB
    53. ARK
    54. ENJ
    55. TNB
    56. GVT
    57. SNM
    58. CTR
    59. ENG
    60. DASH
    61. TNT
    62. SUB
    63. ZRX
    64. DNT
    65. ADX
    66. KMD
    67. LRC
    68. XZC
    69. MTL
    70. AST
    71. BNT
    72. EVX
    73. FUEL
    74. CDT
    75. VIB
    76. DLT
    77. SNGLS
    78. MTH
    79. NULS
    80. MOD
    81. YOYO
    82. DGD
    83. MDA
    84. BCD
    85. OAX
    86. BCPT
    87. PPT
    88. ICN

    (2017年12月現在)

     

    将来性抜群?今後のリップルが高騰する3つの理由

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    仮想通貨の購入にオススメの取引所

    ザイフ

    リップルはまだ取り扱ってないんですが、ビットコインやアルトコイン、トークンも扱っていて、手数料も安い、また、仮想通貨積み立てでドルコスト平均法での購入も可能です。

    ビットフライヤー

    こちらもチャートが見やすく、パスワード盗難などの保証もしっかり上限が500万円あり、電通、リクルートなど大手が出資しているので安心です。また、取引量も国内最大級、最初に口座を開設するにはよい取引所です。
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    GMOコイン

    仮想通貨でFXができることが魅力です。専用のアプリもあり。最近リップルの取り扱いも始め、GMOグループですので安心です。

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    取引所比較 今後のリップル ウォレット比較 マップ